ACADEMIC COLUMN

当研究所あるいは学会にて実証されている
確かな情報だけをお届けするコラムです。

ポイント4:純粋なコラーゲンは無臭でやや酸味があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康食品や化粧品の「美と健康」の代名詞ともいわれるコラーゲン。でも、コラーゲンの選び方次第で、全く効果がないものもあります。 コラーゲン研究を続けて20年以上のルウ研究所が、肌を美しく保つために、またアンチエイジング効果を願うあなたに最適なコラーゲンを選ぶポイントを紹介します。
今回のポイントは、「純粋コラーゲンの特徴」です。

純粋コラーゲンとは?

純粋コラーゲンは、一切薬品を使わない加水分解法で抽出されたコラーゲンです。不純粋は完全除去してあるために、防腐剤などを加えなくても保存性に優れています。
純粋コラーゲンの場合、未開封で18ヶ月以上、開封後、要冷蔵で2ヶ月の保存が可能です。

純粋なコラーゲンは無臭でやや酸味があります

香料、着色料、保存料などいっさいの添加物は含まれていない純粋コラーゲンで、無臭でやや酸味があり、精製度が高く脂質やアトピー因子がありません。
酸味があるのは、低分子化されたペプチドやアミノ酸は、本来酸性溶液(PH4.0~4.7)であるからです。

コラーゲンは口当たりの良さだけでだまされないで!

純粋コラーゲンの味を添加物なしに、いかに飲み易くするかということは究極の課題ですが、いずれにせよ、コラーゲン選びに口当たりの良さだけに惑わされてはなりません。

知って驚く意外なQ&A 目からウロコのコラーゲン情報
知って驚く意外なQ&A 目からウロコのコラーゲン情報