ACADEMIC COLUMN

当研究所あるいは学会にて実証されている
確かな情報だけをお届けするコラムです。

歯が黄色くなる原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葉が黄色くなるポイントは『着色』『エナメル質』『神経』

1)歯に着色した時
コーヒーや紅茶・赤ワイン・お茶など、色の濃い飲み物。また、カレー・チョコレート・トマト・しょうゆ・ケチャップなどの濃い色の食べ物、たばこのヤニのニコチン・タール。これらが歯の表面に付着し着色すると考えられています。

2)歯のエナメル質が薄くなった時
エナメル質が削れると黄色っぽい象牙質が透けてくるため、エナメル質が摩耗して薄くなることで象牙質の黄色みが透けて見えやすくなってきたり、加齢とともに象牙質の色が濃くなって黄色くみえてきたりします、このことが原因とも言われています。
また、日本人は黄色人種であるため象牙質が黄色っぽい傾向にあります。そのため、ホワイトニングで白くなりにくいとも言われています。

3)歯の神経が死んだ時 
ケガ・外因などで歯の神経が死んだ時はだいたい出血が起こります。そのとき、歯髄内で赤血球がヘモグロビンに分解され、これが歯髄内で着色物質になり、変色させると考えられています。

歯が黄色くなるのを防ぐには正しいブラッシング

現在、歯科医療が発展しているためホワイトニングを行っている歯科医院もたくさんあります。(全国の歯科医院は約7万件)
歯科医師さんに相談し、定期健診を受けるのが良いでしょう。日々の予防のために、正しいブラッシングする。歯と歯の間、歯の裏側、細かい部分なども丁寧に磨くようにしましょう。ホワイトニング剤が入った歯磨き粉で磨くのも予防効果を高めるのでお勧めです。
ブラッシング・ホワイトニング歯磨き粉は、すぐに結果が出るものはなかなかありませんが、やり続けることが大事になります。

知って驚く意外なQ&A 目からウロコのコラーゲン情報
知って驚く意外なQ&A 目からウロコのコラーゲン情報