リカさんとうららが博士に聞く目からウロコのコラーゲン情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
その1
知らないうちに栄養失調?
あなたの肌も枯れさせる○○不足

 うらら

わぁ、私もこれ知りたいです!

今回はコラーゲン以外の質問だけど、
博士大丈夫かしら?
いえいえ、これこそ私が待っていた質問なんですねぇ。
これは、ダイエットしている人だけの問題ではないんですよ。
このグラフを見てください。




出典 1994~2002年:国民栄養調査, 2003年以降:国民健康・栄養調査(厚生省/厚生労働省)

1995年以降、日本人のたんぱく質摂取量が減り続け、
現在では戦後の1950年代と同等の量しか摂れていないことを示すグラフです。
たんぱく質の摂取量?
博士、このグラフとコラーゲン、何か関係があるんですか?
おや、リカさん。
ご存知ないですか?
たんぱく質、すなわちコラーゲンなんですねぇ。



えええっ!
このグラフ、減り続けてますよ!!
私たち、コラーゲン不足ってことじゃないですか。
その通りですねぇ。
もう一つ、このグラフも確認して欲しいんですねぇ。




出典 1994~2002年:国民栄養調査, 2003年以降:国民健康・栄養調査(厚生省/厚生労働省)

これ、さっきと同じグラフですよね?
いえいえ、これは日本人に摂取エネルギーのグラフなんですねぇ。
たんぱく質とエネルギーの摂取量、同じようなグラフになっているんですねぇ。
エネルギーの摂取量が減ると、たんぱく質、つまりコラーゲンの摂取量も減る!ということですねぇ。
それは、つまり…。
リカさん、気が付きましたか。
ただでさえコラーゲン不足の現代人がダイエットをするとどうなるか。
ダイエット中に肌の調子が悪くなるのって、そのせいだったんですね!!
コラーゲンは肌だけでなく、血管や骨を作り、細胞の素にもなる成分なんですねぇ。
ダイエット中は特に気を付けてコラーゲンをしっかり摂ってくださいねぇ。
次回
原料の違いで吸収が変わる?!
体に届くコラーゲンはどれだ!?
  • 博士
    海のそばで生まれ育ち、海の可能性に魅せられた結果、博士となった。
    口グセは「海に一つの無駄もナシ」。
    海の持つ可能性を人のために活かすための研究に没頭する日々。
    海洋性コラーゲンの研究に力を入れているためか、無駄に美肌。
  • リカさん(42歳)
    肌年齢20代 素材にこだわる系
    肌につけるものは裏ラベルを熟読して吟味するタイプ。
    博士への信頼は絶大だが、
    それだけに博士への質問内容は鋭い。
  • うらら(29歳)
    コスメ大好き ゆるふわ系
    流行りのものには一通りのりたいタイプ。
    サプリやコスメにお金を使っているのに、肌状態はいまいち。
    リカさんの美肌にあこがれており、その秘密を探ろうと画策中。

知って驚く意外なQ&A 目からウロコのコラーゲン情報
知って驚く意外なQ&A 目からウロコのコラーゲン情報